RSS | ATOM | SEARCH

ウェブページがスクロールしない原因と対策【BaserCMSのM-singleテンプレートを調整】

ここ4,5年というもの、CMSは好んでBaserCMSを使っています。ひとことで言うと、「使いやすい」それに尽きるんです。しかもジャパンのCMSときたもんよ。

さて、久しぶりにテスト環境のクライアントホームページをチェックしてみたところ、なんか不自然というかありえないことになりました、そんな週末の夜中から、乱文乱筆にてお送りします。

具体的には、『Chromeでページのスクロールがほぼ効かない』という状況。

上100pxくらいは、スクロールしてくれます。つまり、ほぼスクロールしない、と。無駄に全然効かないわけでもないから余計にキーってなりそうです。

でもね、おじさんがんばりました

症状を確認

まずは、特定の状況で起こるのか、それとも全般にわたって起こるのか、とにかく原因を切り分けていかないことには始まりません。焦らずにトラブルを味わってこそ、モノノフたらんと。

うかつにも現況把握すらせずに知恵袋などに頼ろうものなら、教えたがりの皮を被った揚げ足取りの皆さんに文字通りフクロにされます(偏見)。いや頼りませんて、コミュニケーション不全の表層的問答なんて、却って面倒だもの。っていうかボケ防止には、思考停止しないこと。

ブラウザのせい?

普段はChromeしか使わないので、まずはクロームさんの勇み足(なのかどうか)。

でた、案の定IE(InternetExproler)では、ギュンギュンとスクロールしてくれます。そうすると、Chromeのアップデートなどで一時的に不具合が起きているのか、仕様の変更で恒久的に不都合な真実が続くのか、ということが焦点となります。

教えて、Google先生。

ChromeのJavascript処理?

Google先生によると、マウスジェスチャー関連のソフトをインストールしていると同様のトラブルが発生していたことがあるようでした。が、いたって標準仕様なわたくしこと小市民には、あまり関係がないのでこの線は却下。

次に、去年の今頃にこんなトピックが公式フォーラムで尻切れトンボになっていました。ねえどうして犬も食わなかったの?それはそれでおいといて。

このトピックで話題となっていたのが、まさに私が使っているテンプレートのM-singleです。ということで、M-singleで使われているJavascriptが、Chromeの仕様変更で動作しないというのが原因なようですね。

そしてそれは一年も前の仕様変更。つまり、恒久的なものだということもこの時点で確定です。

機能しない動作は止めちゃう

ということで、BaserCMSのテンプレートを調べて機能を止めることに。

どんなライブラリが悪さをしているのかを特定してJavascriptを介さないようにすれば、このトラブルは解消するはずです。

Javascriptのマスターマインド

ほど、心理戦というわけでもないです。まずは、眺めてみましたところ……

30秒後、

jquery.mousewheel.js

なる被疑者を捕捉。まんまですやん。

M-singleテンプレート修正箇所画像のように、BaserCMSのテンプレート設定画面(Home > テーマ管理 > レイアウトテンプレート > [M-single] レイアウトテンプレート 編集)から、default.phpの15行目付近、Jabascript呼び出し部分をコメントアウトしたところ、無事にゴキゲンなスクロールをしてくれるようになりました。

カテゴリ:[ICT]BaserCMS, comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://shimmy.jugem.jp/trackback/94