RSS | ATOM | SEARCH
-- KUSTOMIZIN' --
  • 12/1 テンプレートのレイアウトを変更しました。
     SEOよりも“らしさ”を少し優先。
     記事が増えてきたので、ユーザビリティを考えないといけないのかも。トップは選択肢を多めに、カテゴリでは一覧性、個別記事ではシンプルになるように、少しずつ調製していこうと思います。

    ミニカー登録への道【ジャイロX】
    ホンダ honda友人からもらったホンダの3輪スクータ、ジャイロXですが、私はこれをミニカー登録して使おうと思っています。

    ちょっとした足としての使い方を想定しているので、ヘルメット着用にあまり左右されないという点と、実用的な制限速度(30km/h→60km/hになる)という点の2点のメリットは、使い勝手の向上につながることうけあいです。

    そのための第一歩、ミニカー登録のための必要条件が“ワイドトレッド化”です。
    ジャイロのトレッドを広くするとミニカー登録ワイドトレッド・・・説明すると、タイヤ間の距離を広げる、ということです。前1輪、後ろ2輪の3輪ですので、左右の後輪を離してあげます。

    念のため、トレッドはタイヤの端からタイヤ端を測った幅ではないので、注意が必要です。タイヤの中央から、タイヤの中央までだと考えると判りやすいと思います(本来は、ホイルの内側の面同士の距離です、確か)。

    ミニカー登録には、このトレッドは500mm以上が必要です。ジャイロXの場合、後輪左右のタイヤ中央の距離を数センチだけ広げれば、規格上は合致(=ナンバー取得)となります。このためのスペーサーは2万円前後で売っているものが各社ありまして、ホイールとハブ(車で言えば、ネジの棒が飛び出ているところ)の間にこの部品を挟むように付ければOKなのです。

    ジャイロXには排ガス規制前のモデルと規制後のモデルとで、このトレッドが異なっているそうです。ウチのジャイロXは、型式からでは排ガス規制直前のモデルのため、トレッドは360mmということになりそうです。

    高ナット 長ナット ロングナットジャイロをミニカー登録するために高ナットでトレッドを広げるところで、一部では、スペーサーの部分を高ナット(長ナット)と長ネジやボルトで代用して幅を広げてしまう荒ワザ(もともとはこの改造はここからでした)もありますが、そこは構造上とてつもない力がかかる部分なのです。ミニカー登録のために幅を広げた場合は、その力のかかり方は特に顕著なため、相当の強度が必要になります。そういう観点から、高ナットでのジャイロのワイドトレッド化(=ミニカー登録)は強度上不安が残りますので、常用するのであれば使いたくない手段ではあります。

    また、スペーサには単なるシム(かさ上げ板)のような形状のもの(横から見ると「ロ」)と、中間の直径が小さいもの(横から見ると「エ」)とがあります。前者に比べて、後者の形状には、ある利点があります。フライホイール効果というものがより軽減されるので、簡単に言うと、車輪が回りだしやすく、止めやすいという効果があります。

    ジャイロ ミニカー登録 スペーサージャイロのエンジンはたかだか50ccですので、あまり重いもの(タイヤ周辺)を回させるのは酷であろうことは、想像に難くないと思います。また、同様の理由から、材質はスチールよりもアルミやらジュラルミンのものを選ぶと、エンジンにやさしい車体になります。ただし、アルミの中でも柔らかい種類のものは、ネジ部の強度に不安が残るものがあるような気がします。そう考えると、無難なジュラルミン、形状は「エ」のものを選ぼうかと思っています。

    ここを気にしないでおくと、仮にエンジンを少しいじったとしても、結果としてノーマルに気を持った程度の走行性能しか得られない、という結果にもなりかねません。また、車体が重くなるということは、タイヤの回転を止めにくくなるばかりか、車両そのものを止めるための、ブレーキへの負担も、若干ですが増えてしまいます。何しろ、ボアアップしてしまったらミニカー登録できなくなる(50cc以下の制限アリ)ので、そのあたりは、60km巡航を想定すると無視できない要素です。

    もしボアアップなどして、排気量が50ccを超えた場合には、軽2輪登録をする必要があります。これは、いわゆるトライクでの登録です。

    さすがにそれは、なんだか割が合わないので、やめときます。

    -----
    追記:説明画像を追加しました。
    カテゴリ:[多趣味な生活]バイク, comments(0), trackbacks(0)
    Comment









    Trackback
    url: http://shimmy.jugem.jp/trackback/59