RSS | ATOM | SEARCH

謹製ブラウザ 【Google Chrome β】

Google ChromeGoogleから、ブラウザがいよいよ登場です(まだβバージョンですが)。

まず思ったことは「そういえばブラウザが無かったよね」です。

そのくらい、Googleのサービスは多岐にわたっています。もちろん、他の会社もあれこれ似たようなサービスを提供していますし、Yahoo!であればオークションであるとか携帯会社も持っている、とか、MSならOSがありますよとか、何もGoogleだけが突出しているという訳でもないのですが。

それでも、情報過多な昨今において「検索」という強みを活かして、個々のサービスやその連携に、付加価値としてひと味加えているのが、総合力につながっているように思います。ふと考えてみると、そこにまず惹かれて使い続けているのかな、と。

ともあれ、早速、試してみました。
まずはGoogle Chromeのダウンロードページへ。

ファイルサイズは475KBとそれほど大きくなく、ダウンロードは秒殺で終了して、いざインストール作業へ。そして、こちらもほどなく終了。私はFirefox 3を常用しているのですが、インストールの途中に「設定やブックマークをを移行しますか?」と訪ねてきたので、Googleを信頼してYes。MSなら“とりあえず”No、なところです。

Google Crome 新しいタブ早速、起動してみると、まず飛び込んでくるのはGoogelのサービスページライクな画面。思わず、どこかGoogle内のページかと錯覚してしまいますが、実は、新しいタブを開いたときに、空白のタブがこのデザインなのです。

そこには、よく開くページの縮小版がリストになるんだとか。少しページを閲覧した後に、Google Chromeを再起動させると、訪れたサイトの縮小版が表示されました。これまで履歴などから追っていたことを考えれば、ここは使い勝手が進歩していますね。

そして、やや気になるのは自分、つまりGoogleのサービス群との相性です。

ブラウザそのものが軽く動作するせいなのかは判りませんが、なんかこう、サクサク感があるように思います。MapsやCalender、Gmailでの表示が、早いように感じます。もっとも、Firefox3にアドオンを追加している状態との比較なので、ここで同等では困りものです。

このあたりの使い勝手等を含めた詳細が、叔父のブログ(清水隆夫の「Good Job!」)でもレポートされています。本職のテクニカルライターならではの、本格的なレポートです。いろいろと機器や部品の“お下がり”が回ってくる関係上、幼少時からその影響で趣向が定まっていく、という育ち方をしていることもあり、種々何かと参考にさせてもらっています。

それでも、乗り換え...までは至らないなと思うのが今回の正直な感想です。そう思うのは、Firefoxと比較したときの、失う利便性です。アドオンによって、Firefoxはどんどん使いやすくなる(過ぎると“通常の”環境で何となく不便する、笑)ので、そこが上手に代替されない限りは、相対的に不便なので。ただ、開発元のサービスを多く常用するだけに、そこが解消される運びならば、相当に有力なブラウザになるかもしれません。

そして、Firefoxの超人気アドオンであるGreasemonkeyが、このGoogle Chromeでも使えるようになっていくとかいかないとか。すでにそのような開発も、進められているようです。

そういう意味で、正式リリースが待ち遠しい逸品です。
カテゴリ:[パソコン・インターネット]Google(グーグル), comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://shimmy.jugem.jp/trackback/48