RSS | ATOM | SEARCH
ワンランク上の自作販促物 その2
ワンランク上の自作販促物、ようやく本題です。(前フリです→その0その1

まずは、フォントについて。

嘘のような、フォントの話です、ハイ。
人間って、文字も図形として認識します。
イメージとして記憶、って表現してもいいかと思います。

でも、アーティスティックな文字にしましょう!なんてことは言いません。
それは苦労と効果のバランスが悪いですから。
あなたがデザイナーならともかくとして。

でもそうではないですよね。
あなたはあなたの本分に集中するべきです。
ただし、簡単かつ効果的にできることを除いては。

まずは、こちらを
フォントの違い

どちらが、どうですか?

上は、定番フォントの“MS Pゴシック”、下は、Officeと共にインストールされる、“HG創英角ゴシックUB”です。

かなり、印象が違うと思うのですが。

MSゴシックは、すでに日常の様々なところで目にしますので、直感的に、

「あ、パソコンだ」

とセットで印象を持つことが多いわけです。しかも、パソコンを使わない方にもそういう印象を持たせます。なにしろ、パソコンで作られた“普通の文書”が、あふれている日常ですから。

もちろん、それが良いのか悪いのか、少なくとも、悪くはないでしょうね。

ただ、良いでしょうか?

少し気を使うだけで、見た目の印象がスタイリッシュになります。

もちろん、苦労はゼロです。

それでは、こちらはいかがでしょうか?
文字間の違い
カテゴリ:[業務改善]小さな会社の上質雑務, comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://shimmy.jugem.jp/trackback/33