RSS | ATOM | SEARCH
ワンランク上の自作販促物 その0
小さな会社は、資金が潤沢でないですよね。当然、販促にかけられるコストも限られます。

そこでオススメなのが、自作の販促物です。それでもダメなものをプロに、とするだけで、けっこうな節約になります。

なんでも任せていては、せっかくの自社ブランディングもおぼつきませんよ。
販促で思いつくものって、なんでしょうか。

私の場合ですと、とりあえず配り物的なところでは、チラシ(フライヤー)、名刺、ニュースレター、キャンペーンチケット、ってとこでしょうかね。あとは店頭POPとかも。

必須アイテムは、パソコンとプリンタ。場合によっては、手書きのほうが味が出ることもあります。その場合には、コピーをできる環境を。

いずれにしても、安易に妥協したり、ひとりよがりになると、苦労のわりにショボイのが出来上がる確率が、もれなくすこぶる高くなります。

あとはヤル気と冷静さを失わない努力。コレ、意外と仕上がりにかかわります。思い出してみてください。夜半の情熱に任せて書きなぐったラブレターの結末を。

あくまで、作戦の一部なんです。

とはいえ、自前のパソコンで作るうえでは、最も気をつけなくてはならないことがあるんです。

それは…

〈パソコンぽくなく仕上げる〉

コレに尽きます。コレが見透かされると、多数のお客様はやや興ざめなんです。

よしんば、ほほえましく思っていただけたとしても、それは怪我の功名だと思ってください。

どちらかといえば、〈自前のパソコン感〉を第一印象で与えることなく、できれば「お!すげぇ!!」とか、思ってもらいたいですよね。

それには、いくつかのコツと、少しの先行投資が必要なんです。

冒頭で挙げたような、いろいろな販促物ごとに、私が普段から気をつけていることをピックアップして行きたいと思います。
カテゴリ:[業務改善]小さな会社の上質雑務, comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://shimmy.jugem.jp/trackback/31