RSS | ATOM | SEARCH
-- KUSTOMIZIN' --
  • 12/1 テンプレートのレイアウトを変更しました。
     SEOよりも“らしさ”を少し優先。
     記事が増えてきたので、ユーザビリティを考えないといけないのかも。トップは選択肢を多めに、カテゴリでは一覧性、個別記事ではシンプルになるように、少しずつ調製していこうと思います。

    コレカラ、ソウコレカラ
    コレカラ プレ創刊号 〈コレカラ〉という雑誌が、この冬、リクルートから創刊になるそうです。「50代からのセカンドライフ情報誌」というキャッチフレーズで、どうやら、団塊をねらいうちするようですね。

     数日前、我が家に届いた1通のDM。〈コレカラ〉のプレ創刊号で、親にあてたものですが、これが、なんとも奇妙な縁でした。
     私の高校時代からの友人に、小野喜規という人物が居ます。東京で建築家として独立し、〈オノ・デザイン建築設計事務所〉という名称で活動しています。また、今年からは早稲田大学芸術学校の非常勤講師も務めており、その才能をいかんなく発揮し続けています。修学旅行でのあんなことや、思い出話のこんなこと、昨日のように鮮明に、懐かしく思い出してしまいました。

     その彼のブログの、一昨日の記事に、見覚えのある表紙が。そう、先日届いたばかりの、〈コレカラ〉でした。

     実は、彼が手がけた家の一室が、この雑誌で紹介されているんだそうです。

    コレカラ プレ創刊号 オノ・デザイン その記事は、3畳のスペースを書斎にするにあたり、壁面は全て作り付けの書棚にしてしまうというもの。そして、テーブルの天板には、一目惚れして購入したケヤキの一枚板。秘密基地感が、抜群です。

     別に持ち上げているワケではないのですが、目を通しているとき(普通に開封しちゃってます、笑)「そうそう、書斎ってこの感じ!」なんて思っていた記事でした。

     その書棚の材質は、シナのランバーコア合板で、DIYにもよく使われる素材で、私の好きなもののひとつ。財布にも優しいことが多い素材です。

     また、シナ合板の木肌はラワンのそれと比べて格段に美しく、軽めの仕上げでもじゅうぶん使用に耐える素材です。申し訳程度のクリア塗装やオイルステイン仕上げなどで、その木肌の繊細さを積極的に楽しむ方向で仕上げるのがベターです。


     現在、私は実家の店舗スペースだった部分を事務所へと改装中です。節約DIYですので、まずは必要最小限(にも満たないかもしれない)しかできませんが、いずれは、この記事のような、こだわりの執務(事務ではなく!)スペースを手に入れたいものです。

     ソウコレカラ、マダマダコレカラ。


    追伸 おの
    画像拝借!

    -----
    参考BLOG
    オノ・デザイン建築設計事務所ブログ

    -----
    参考リンク
    オノ・デザイン建築設計事務所
    カテゴリ:[興味を持ったコト]ふと思っただけのこと, comments(0), trackbacks(0)
    Comment









    Trackback
    url: http://shimmy.jugem.jp/trackback/19